営業時間 9:00~17:00 定休日:日曜日・第三土曜日・祝祭日
お気軽にお問合せください
癒しの炎、本物のぬくもり。

HOME | ペレットストーブとは?

話題のペレットストーブは一体どんなストーブなの?

ペレットストーブを分かりやすく説明します。

ー ペレットストーブとは? ー

 ペレットストーブとは燃料に木質ペレットを使用する暖房器具です。
 本体にペレットを貯蔵するためのタンクが内臓されており、電源を使用してペレットを燃焼室へ送り出します。排気をファンで強制的に屋外に排出するため、煙突の立上げが薪ストーブと比べ短くすることができ、施工時間、全体コストも低い傾向にあります。
 
 ペレットストーブ自体の操作は本体のスイッチで電源のON/OFF、着火、ペレットの送出し量(火力)の調節、温風の強さなどが管理できます。本体には基盤が内蔵され様々なセンサーが働いており、地震や負圧(給排気不足)、異常な高温など本体に異常が感知されるとエラーとなり運転を停止するなど、各メーカーが事故を未然に防ぐ措置をとっています。
 
 暖房方法としては基本的に、本体前面の扉に鋳物など蓄熱性の高い材質を用い本体内部燃焼炉からの熱を利用して輻射熱で室内を暖め、さらに本体内部に、熱交換部を備えてファンを使用して室内へ温風を送り出すという、薪ストーブと化石燃料(灯油など)を使用するファンヒーターの中間的な位置付けの暖房器具となります。

ペレットストーブ

ペレットストーブ本体

本体内部

ー 木質ペレット燃料とは? ー

木質ペレットとは何か?

木質ペレットは乾燥した木材を細粉し、圧力をかけて直径6~10mm、長さ10~25mmの円筒状に圧縮成形された木質燃料で、主にストーブやボイラーの燃料として利用されています。
同様の形状にしたもの(廃棄物系プラスティックなど)もペレットと呼びますが100%木材由来のものが「木質ペレット」なのです。
 

木質ペレットの原料

木質ペレットの原料は、間伐材や製材工場から発生する樹皮、のこ屑、端材など再生可能な資源である木材です。国産ペレットの 原材料として多く使われているものは杉、松、ヒノキなどです。
 

クリーンエネルギー

間伐材を利用することにより森の再生を手助けすることができます。また木質ペレットを燃やす時に出る二酸化炭素は樹木が成長する過程で吸収した二酸化炭素だけなので化石燃料のように大気中の二酸化炭素を増加させることがありません。この考え方を「カーボンニュートラル」と言います。

ー Q&A ー

A1.必要です。

木質燃料を燃焼させるため煙が発生します。その煙は外に排気するする必要があるため煙突の設置が必要です。ただし内蔵されている排気ファンで強制的に排気しますので薪ストーブのように長い煙突は必要ありません。また木質ペレット燃料は燃焼効率が高いため、燃焼中の煙はほとんど発生しません。
 

A2.火力調整によりますが平均で1時間/1kgのペレットを使用します。

木質ペレット燃料はペレットストーブを設置した代理店で購入できると思いますが、最近ではホームセンターでも取り扱っていますので、購入は容易です。また価格は地域差がありますが、薪やガスよりは安価で購入できます。1袋10kgか15kgの販売が一般的で購入してからの管理はできるだけ湿度が低い場所で備蓄していただければよいと思います。
 
燃費計算参考資料
燃費計算を行なうに際して、使用する燃料を弊社にて販売している「奥美濃の里木質燃料」を、稼動対象を「Lucia」とし、カタログスペックにて計算を行なっております。
また、1日の稼働時間を8時間、火力調整等は中間値、電気料金は25円/kWhにて使用しているものと仮定しております。
 

一日の燃料費=ペレット燃料代456円 + 電気代20円

 
「奥美濃の里木質燃料」
 《ホワイトペレット1袋/10kg  1袋/570円(税込)≫ ※店頭販売価格
「Lucia(ルチア)」
 ≪燃料消費量  最低0.7~最高1.5kw/h≫ 平均値として1時間/1kgを採用
 ≪消費電力   点火時400w 通常時100w≫ 点火は一度とする。

A3.基本的に必要です。

 自動着火や強制排気ファンを稼働せるため電力を使用しますので家庭用電源(100V)は必要となります。また本体電源をオフにした場合も、燃料供給をストップして排気ファンは稼働し続けて本体の温度を下げる安全消火をおこないますので、そこでも電源を必要とします。また最近ではバッテリーを内蔵したペレットストーブも開発されていますので停電時でも安全消火が可能となっております。

A4.薪ストーブと比べても安全性は非常に高いです。

 本体背面、側面は触れるくらいの熱しか発生しませんので壁内の木材の炭化、また何かに触れても引火することはほぼありません。また設置における離隔距離(壁から本体までの距離)も短く設定でき、壁に耐火処理を必要としません。またほとんどのペレットストーブは温度センサーや震度センサー、負圧センサーなどが内蔵されており、異常時には自動的に消化モードに移行します。また煙突も基本的に二重管を使用しますので安全性は非常に高いです。。

A5.メーカーカタログの価格は本体のみです。

 設置施工には本体と煙突は必ず必要となりますが施工する場所により煙突の長さが変わる場合がございますので、煙突は別で費用がかかります。また設置工事が必要となりますので施工費、搬入費なども必要になります。お見積りはすべての経費をまとめたものでご提示させていただくのが一般的です。


その他、ペレットストーブに関するご質問は、下記までお気軽にお問い合わせください。


ご相談やご質問などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。専門スタッフが責任を持って対応させて頂きます。ペレットストーブ、薪ストーブは約10台常時展示しております。お気軽にお越しください。
 
 

電話 0575-78-0291
展示場営業時間 8:00~17:00
定休日 火曜日・隔週月曜日